資金が足りない時の銀行系ローン

資金が足りない時の銀行系ローン

「高額療養費制度」「高額療養費つなぎ資金制度」を利用しても、どうしても資金が足りないこともありえます。

そんな時には、わらにもすがる思いでサラ金に手を出したくなることもあるでしょう。
お金が足りないときは特に視野が狭くなっているものです。

そんな時でもサラ金や街金から絶対にお金を借りてはいけません。
人の弱みにつけ込み、法外な利子を要求してくるからです。

どうしてもお金を借りる必要があるときには、銀行系のカードローンを利用してみましょう。
銀行系のカードローンは、実際に店舗がある銀行が営業するカードローンのことです。
カードを使ってお金の引き出しや返済ができるので、カードローンと言われています。

最近では、銀行や信金でも、入院費用に特化したローンを発売するようになっています。
それは、入院や治療だけに使う目的で借りることができるローンです。

地元で付き合いのある銀行を選ぶのも良いでしょう。

インターネットで借りられるカードローンの中には、新生銀行系のカードローン、ノーローンがあります。

ノーローンは一定期間は無利子で利用できるおすすめのカードローンです。
ノーローン詳細はコチラ